「その後ののHさん」

前回バトルのあったHさんの訪問が1週間ぶりにありました。

 ちょうど祭日がはさまり、ただでさえ、「休んだ!問題」があったばかりで、緊張。

「Hさんこんにちは」って声をかけたら、ほんのちょっと笑ってくれました。

(・・珍しい!)

その後も、穏やかな表情で、先日の剣幕がうその様。
...

「Hさん何かいいことあったんですか?」

「なんにもないよっ。」

「今日はなんだか嬉しそうですよ^^」

「・・・君が来てくれた時はいつもそうだよ。^^」

「・・・・ありがとうございます(笑)
この前、やりあったのおぼえてます?」

「うん。」

っだそうです。

 人の心って奥が深い。トライ&エラーで経験値上げるしかない。

 相手を想いやる気持ちを満タンにして。

 空回りかもしれない、おせっかいかもしれない、

 押し付けないように気をつけながら。




「悩み」

 訪問医療マッサージのご利用者さん、老人ホーム入居の80代男性Hさん。

 しっかり者の職人肌、だけど時々困った事が・・。

私の顔を見たとたん、

 「なんでこの前は来なかったんだっ!!??」
とスゴイ剣幕で怒るのです。

もちろん、予定通り訪問しているのです・・。

 それ以外では物忘れもなく、会話もスムーズ、問題はありません。

訪問を始めて4ヶ月、今までに3回ほど同じことがあり、

 いろいろ試してみました。

☆一応、予定通りの訪問をしていることをご説明。

 ☆期待して待っていていてくださる事への感謝。

 ☆予定表を大きな字で印刷

大きな字の予定表はとても喜んで下さって安心していました。

 
ところが前回訪問すると、「又来なかった!」と怒りのテンションが最高潮。

 今までは冷静に、対処できていたのですが、

この時は私もさすがに悲しくなってしまい、何を言ったらいいのか?

どうしたらいいのか?分からない。

Hさんは「早くやれっ!」と怒鳴るし、

 私は益々、頭の中がグルグル。

「わかりました。気をつけます!って言ったらいいの?」

 「でも、こんなに悲しい気持ちとHさんの怒りがおさまらぬままで、

関わることが、お互いにとってベストなの?」

正論を言う事が必ずしもいいとは思いません。

 でもこの時は余裕が無くて、私はお伝えしました。

「私は今まで、自分の都合でお休みした事はありません。

 Hさんの訪問が楽しみで今日参りました。

でもいきなり、怒られてしまい、ショックです・・」

 
その時職員の方がお部屋に入ってきて声をかけてくださいました。

「Hさん、どうしたの〜〜?

 来たっていってるんだから、来てくれてるんだよ〜。

 困らせちゃだめよ〜^^」

Hさん、バツが悪そうにしながらも、うなづいてくださいました。

 
私もその職員さんの登場に気持が切り替りました。

Hさんの怒りは、愛の裏返しなんですよね。

 「君がすきなんだよ」だそうです。

 とってもあり難いです。

でもなんでもござれで笑って

 許す事ができない。

 マッサージを受けながら

 「ボケちゃったのかなぁ・・」なんておっしゃるのを聞くと、

 切なくて、「言い過ぎちゃったかな?」と反省。

今回は職員さんに本当に助けられました。

 感謝です。
  



「退院後の嬉しいひととき」

 先日肺炎で入院されたHさんが無事退院されました。

 お花や植木が大好きで、

老人ホームに入居される前のお庭のお話しをよくしてくださいます。

 先日老人ホームの玄関に大変立派な菊の鉢が飾ってありました。

 「Hさん、ご覧になったら喜ぶかも・・。」

 次回に施術後に見にいきましょうとお誘いしたら、
「いいよ。」とのお返事。

 とは言うものの、あんまり嬉しそうではない・・・。

 乗り気じゃないのかな〜〜、と心配。

 最後お部屋を出るときにもう1度、

 「じゃ、次回はお花を見に行きましょうね!」と声をかけました。

そうしたらHさんの口から思いがけない言葉が。

 「・・・待ってるよっ。」

「待ってるよ。」・・・なんと嬉しい言葉でしょうか。


写真はお花見したときのものです。

 入院時を思うと、私にとっても嬉しいひとときでした。 

 
「退院!!」

 肺炎で入院していたHさん(訪問医療マッサージのご利用者さん)が退院されました!

1週間絶食の後、持ち直し特別養護老人ホームに無事戻られました!

 今日は退院後初訪問。

 お見舞いにうかがってから10日後。
...
お休み中で、声をおかけしたらとても嬉しそうに微笑んでくださいました。

 いつもニコニコではない方が、時折見せる微笑に感激(笑)

 お見舞いでお渡ししたメッセージカードも壁に飾ってくださっていて・・。

 夜が眠れなかったり、お痩せになってまだまだ本調子ではないご様子ですが、

持ち直された生命力は天晴れです!

最後に「又よろしくお願いします」と握手を求めると、

 お見舞いの時と同じく思いっきり力強くかえしてくれました!

 そしてやさしく「ありがと・・・」と。

 写真は小島一朗さんの「ワイングラスとレモン」

 お気に入りの作品です。

 Hさんが飾ってくれてる絵はがきのオリジナルです。

 


「切なかったことと、嬉しかったこと」

訪問医療マッサージの利用者さん。

 70代男性、団地にお独り暮らし。

 今日訪問すると一言

 「もう生きているのがイヤになっちゃった・・・。」
9月に1ヶ月入院し、10月に退院。

 つかまり立ちしながら、かろうじて歩ける状態。

 要介護が最近2から4になり、精神的に落ち込んでいるご様子。

思いつめた表情で、私は言葉が見つからない。

 「元気出して」なんて言えないし・・。

 沈黙のあと、わたしの気持をまず伝えた。

 「Mさんがこうしておひとりで暮らしていらっしゃることはとてもスゴイことです。

 Mさんのような強い気持は、なかなか持てないものです。

 Mさんから、たくさん学ばせてもらってます・・。」

 するとMさんはひとこと。

 「そんなふうにはとても思えないよ・・」

その一言がとても切なくて、胸が痛く、自分の力不足を感じ、

 残りの20分間ただただ、無言で施術を続けるしか出来ませんでした。


 
そして施術が終ったときにMさんが言いました。

「施設に入るのに比べれば、今は幸せかもね・・」

 私は耳を疑いました。

 「自宅で過ごしていたらあなたにも会えるしね」

Mさんの中から自然に前向きな気持が芽生えたのです。

 私は言いました。

 「施設に入ることが不幸せだとは思いませんが、

 Mさんにとっては自分らしく過ごせる場所がここなんですよね。

 退院して、戻って来てくださって私は本当に嬉しいです。」

 
この写真は北海道旅行で撮った写真を

 額に入れてお渡ししたものです。

 Mさんは「これはいいね!」ととても喜んでくれました。

 Mさんの、美しいものを美しいと感じる心に

 感動しました。

 
『握手』

 今日、訪問医療マッサージの利用者さん

 (80代男性)のお見舞いに行って来ました。

 (職人気質のHさんです。)

 歩くのが難しく、又肩の痛みが強く施術をお受けになっていました。

 痛みがやわらぎ、とても喜んでくださった直後、入院のお知らせを受けました。
肺炎だそうです。

 娘さんとメールでやり取り。ご本人の了解を得てお顔を拝見しに。

病室で目が合うと驚いた表情、そして、優しいお顔になりました。

 起き上がるのは難しく、寝返りも大変そうです。

でも枕元でしっかりした声でお話しくださいました。

 「絶対老人ホームに戻って、マッサージを又受けるんだ!」

 そして、思いっきり、痛いほど、ギューと握手をしてくださいました。

私はそんなふうにおっしゃってくれることが

 ありがたくて胸がいっぱいに。

 そして、そのHさんの強い姿勢、エネルギーに感動しました。

Hさんの為の時間、空けておきます!

そして別れ際、Hさんが「ありがとぉ!!」と元気よく言って下さいました。

 ちょっと気難しくて、時々怒られるけど、いつも最後はしっかりと

 「ありがとぉ!」といってくれるHさん。

 学ぶ事がいっぱいです。

目がお悪いHさん。

 写真のカード(小島一朗さんの作品を絵はがきにしたもの)に

 大きくメッセージを書いてお渡ししました。

 快復を心より祈っています。
 
 

 

訪問マッサージのご利用者の奥様が

 施術風景をブログに投稿してくださいました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は訪問マッサージの様子を慣れない旦那様ので撮ってみました
でも上手く撮れなかったガクッ



先生は必ず電器毛布みたいので温めながら施術をしてくれます
そして 足のマッサージと指圧が始まります

 

ふくらはぎから徐々につま先までマッサージをしていき 
 

マッサージをしながら つま先のつぼの指圧も念入りにしてくれます
 

膝を立てて 押したり引いたり
 

次に 両膝を立てて 左右横にむける
 あっ旦那様の体格がわかっちゃう〜 パパごめ〜ん撮っちゃった

 

 さらに麻痺側の足を立て横にたおしていきます
 

 次は鎖骨の下を軽く揉み解します
 これには旦那様気持ちがよさそうでした

 

 首と肩のあたりを揉みほぐしてくれていました
 これまた気持ち良さそうでした〜 

 

って言うか・・・肝心な手の施術をお喋りに夢中になって撮るの忘れたぁ〜・・・次回って事に
先生は30分時間をかけて色んな施術をしてくれます
 そのおかげで旦那様の状態も少しづつ良くなり介護が楽になりました

 

ブログ「わきあいあい介護日記2」
 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

フェスブックページ

ブログ村ってなに?

にほんブログ村のランキングに参加しています。 クリックして頂けるとポイントが加算されランキングが上がります。 そうすると、注目度があがりこちらのブログに興味を持ってくださる方が増えるのです^^ もし、よろしければポチっとクリックをお願い致します にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ
にほんブログ村

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM