小3息子「俺、人生やり直したいことがあるんだ」

私「え?どんなこと??」

息子「プライベートな事だから言えない!」

成長したね〜(笑)
 




「どうしてオレンジ色を選んだの?」

夫主導(笑)で、息子と娘(小1)が綺麗なオレンジ色のカーネーションを贈ってくれました。


母「オレンジ色素敵だね!どうしてこの色にしたの?」

娘「七五三の着物選ぶ時に、母ちゃん、オレンジ色を選んでたから!」

... 半年前に七五三の娘のお着物を選ぶ時に

私はオレンジ色がとっても気に入り 娘は赤色を気に入りました。

そしてその時は娘が気に入った色がいいね!

と内心ちょっと残念でしたがオレンジ色の着物は選びませんでした。

その時のこと、ちゃんと覚えていてくれて・・・

自分の好きな色じゃなくて私の好きな色を選んでくれてありがとう!
 




娘が小学校に入学しました!

青木姓は出席番号1番なことが多く、

入学式の『記念品』を壇上で受け取るお役目が〜〜。

ハラハラドキドキ・・・・
...
本番で名前を呼ばれた時に

大きく「ハイ!!」ってお返事できました〜〜。

ホッと一安心。

特訓していて良かった(笑)

入学式がお昼までなので

当然のように午後はお仕事。
娘は普段着を持って児童クラブへ。

お迎えにいったら、1年生は30人中ひとりだったそうで・・。

「まあいいよ〜」と母の仕事に理解をしめしてくれる娘。

ありがとね!



 『娘の卒園式』

昨日は娘の保育園の卒園式。

4年間お世話になりました。

4年前まだ、本格的に仕事の再開をしておらず

認可保育園に振られてしまい、認定保育室に・・。

結果的に、とってもアットホームな

きめ細やかな園にめぐり合えました。

卒園児は7名.


娘は、証書の授与で突然、目頭をおさえ、泣き出しました。

それからずーっと涙涙涙。そして私ももらいなき・・。

(ちなみに私は子供の頃、式で涙した事がなくその感受性に感動・・・。)

先生が、それぞれの子供達のエピソードを

授与の時にお話してくださいます。

娘のエピソードは・・

「大きな声でたくさん泣いて、

大きな声でたくさん笑って、太陽みたいな、みさとちゃん。

お父さんとお母さんはお互いのこと、『けいた、えみこ』

と読んで呼んで、ラブラブなんだってね。
(えっ???聞いてませんが・・・汗)

仲良しの家族のなかで、愛情いっぱいはぐくまれている
ことが伝わってきます・・・・」

手前みそですが、
思いやりのある子です。^^

私は、子供達には父性的な母で、厳しい。
夫が母性的。

これで大丈夫かな??
子供のほうを見てあげてないな・・・。
迷いもある。

でも子供って「育てる」のではないのかもと思っている。
育てるだと、自分の思うとおりにと言うニュアンスがあるのかなと。

自然にその子らしく育っていくのを、邪魔しないように。
そして、自分の後姿を見せることで、伝えていきたい。

例えば、スーパーの特売、見切り品は必ずチェックとか(笑)

ちょっと脱線!

子供の個性って本当に不思議。
自分と似ていたり、夫婦それぞれとも全然違ったり。

長男が後追いが激しく、私が視界から消えるとパニック、号泣。
せみみたいにいつも抱っこの子で。

下の娘は、寝つきがよく、布団に置いておくと
すぐ寝てくれてとっても助かった。ありがとう。

保育園大好きで、いつも車を降りるとダッシュ!
楽しく過ごしている様子に
安心してお仕事出来ました。ありがとう。

私が疲れているとき、指圧してくれてありがとう。

お休みのとき、お昼寝してる母を起こさずにいてくれてありがとう。

いつもニッコリ笑顔をありがとう。

完璧でない母を愛してくれてありがとう。

あなたから、たくさん幸せ、気づきをもらったよ。
ありがとう!!!




『新記録』

ご飯4合炊いたのに一食で消費!!

ちなみに家族4人(息子2年生、娘年長)

去年買った炊飯ジャー5・5合炊き。

マズイ、近いうちに足りなくなりそう。
  にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



 
「認知症の父のこと・・私の原動力」

今回は父のことを詳しく。

平成19年9月62歳のとき初めて脳神経外科に受診しました。

 写真はその頃のものです。

 歩き方がぎこちなく、ちょこちょこ歩くようになってきたので

私のすすめで相模原協同病院を受診しました。

思い返してみればこのころから口数は少なくなり、

書く文字がおかしいなどの症状はありました。

しかし認知症とまでは・・。

 
病名は「多発性脳梗塞」軽い脳梗塞ということでした。左に軽い筋力不足がありました。

平成20年12月未公開株の購入。

 とんでもない土地購入。

 知人にお金を貸す。

 うん百万円の金銭トラブルをかかえていました。

家族の話は全くきかず、途方にくれているところに「成年後見人制度」を知りました。

これ以上の被害を食い止めるため動き出す。

父は足腰は弱っていましたがまだひとりで出かけたりしていました。

まだ目の届かないところで何をするかわからない。

申請には病院での「認知症の診断」が必要になるのでお願いしました。

30点満点のテストで3点!20点以下で疑いありなのですが、

思った以上に進行していました。

 この頃私の上の子が4才、下の子が1歳、

孫の名前を覚えることはありませんでした。

 風呂、歯磨きがおっくうになっていき、

歯が歯槽膿漏で抜け始め1年ほどで数本残して全部抜けてしまいました。

 
平成21年4月介護認定を受けました。

要介護2、家での風呂が難しいのでデイサービスに週2回行き始めました。

 
意外に嫌がらず、スムーズに利用開始しました。

6月「成年後見人の申請」が受理される。必要な鑑別書を書いてもらうのに10万円!!

なかなかハードル高かったです。

 
11月、母が急性腎う腎炎で1週間入院することに。

この頃母は仕事が忙しく無理がかさなったのでしょう。

我慢強い母からヘルプがありこれはただごとでないと私が救急車をお願いしました。

 
両親は2人暮らしですので父のショートステイ(お泊り)の手続きなどちょっと大変でしたが、

めどが立ちひと安心。

そしてショートステイにいくその日、父が家からいなくなりました。

近所をさがしたところ、パトカーが止まってるではないですか!近づくとそこに父の姿が。おまわりさんいわく

「座り込んで動けなくなっていて、住所や電話番号もおわかりにならなくて・・。」

確かにいつもに比べまっすぐにたてないのでどこかぶつけたのかと心配になり

整形外科に行きましたが異常なし。

家に戻ってきてショートステイに改めていこうとしましたが、

やっぱり体の傾きがおかしい。

 
もう5時もすぎてる。

苦渋の選択で母に続いてまたもや救急車をお願いすることに。

運よくいつもの協同病院で診察を受け、新しい脳梗塞が見つかりました。

母と入れ違いに父も1ヶ月の入院に・・。

この日は長い1日でした。

この頃、ナースコールの使い方がわからず、勝手に起きてしまうので、

父はベルトでベッドに固定されてました。

 
12月退院、家に介護用ベッドを入れました。

幸い後遺症もひどくはありませんでした。

ただ排泄機能が低下し常時オムツ使用になりました。なんとか歩行もできました。

65歳直前滑り込みセーフで障がい者年金の申請が受理されました。

この申請スゴク大変でした・・。

病院、市の窓口を行ったりきたり。

実はお医者さんも書きなれていないので、不備があったりするんです。

 
22年6月私の住む家の近所徒歩10分に引越し。

実家まで車で30分だったのでおもいきって引越しを提案しました。

実家築37年の老朽化が激しく、建て替えか引越しかせまられていたので、

母の気持ちも確かめながら行動。

家探しから引越し手続き、すべて取り仕切り無事バリアフリーの家に!!

 
23年4月66歳。脳梗塞が再発し協同病院に入院。右麻痺の障害が出ました。

1ヶ月入院後。

さがみリハビリテーション病院に2ヶ月。無事7月に退院しました。

 
食事がほぼ全介助。ベッドの寝返りも難しく、歩行不能。

飲み込みが難しく食欲も低下。

4月に167センチ65キロだったのが、12月現在48キロ。

 
母や家族のこともわかりませんが、

なじみのある人ぐらいはわっかってる模様です。

 娘として出来るのは指圧マッサージをしてあげることぐらいです。

 やってあげるとグーグー寝ちゃうので、気持ちいいのかな。

ケアマネさんやデイサービス、

訪問歯科さんなど介護サービスを利用しながら

できるだけ家で過ごして欲しいねと母と話してます。

病気になる前、結婚当初からムチャクチャだった父。

家族をかえりみなかった父。

 娘として母に離婚をすすめたこともありました。でもそうしなかった。

今は母と「お父さんほんとにひどい人だったよね〜〜。」

なんて軽口たたいています。

「とうちゃんのおばか!」なんて笑いながら一緒にいる母ってすごいな〜〜。

認知症はイコール不幸なことではないと思ってます。

大変なことは多いけど、明るく生きることもできます。

記憶思考力は低下しても感情は最後まで残ります。

 
病気で家族の結束が強まっていい時間を過ごせているし、

今はとても平和です。

振り返るといろいろありましたが、

 この経験が私の今の仕事の「原動力」。

必要な情報を提供してくれるひと

 先回りして、すべき事をアドバイスしてくれるひと、

 苦労をわかってくれるひと、

 ねぎらってくれるひと、

 ・・・そんなひとをずっと求めていました。

だから、めどがついた今、

度は自分がそんなひとになれるようにと心に決めました。わたしの使命です。

困ったお父さんだったけど、ありがとう!

息子の散髪しました^^

 電動バリカンでウィーンと。

 ポイントはもみ上げ襟足を剃刀で整える。

散髪とか庭の木の刈り込み大好きなんです。

... えっ??一緒にするな??(笑)

綺麗に仕上がると最高に気持ちよいです

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

フェスブックページ

ブログ村ってなに?

にほんブログ村のランキングに参加しています。 クリックして頂けるとポイントが加算されランキングが上がります。 そうすると、注目度があがりこちらのブログに興味を持ってくださる方が増えるのです^^ もし、よろしければポチっとクリックをお願い致します にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ
にほんブログ村

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM