「与えられた環境でベストを尽くす」のが合気道のマインド。

 日本を代表する思想家、内田樹先生の文章の抜粋です。合気道、楽しいです!)

ちょっと話がそれますが、合気道をやっている男子はよく出世するんですよ。


 場を主宰するというのが武道では第一義なんです。

 自分が場の中心になるということで、そういった経験を積んでいくと

どのような状況に臨機応変に対応をして、高いパフォーマンスを
発揮できるようになる。

 それは武道の初期設定に、文句を言わないということがあることも関係しています。

例えば両手をつかまれたり、羽交い絞めにされ
るといった不利な状況でもリセットできない。

 「ちょっと待って」が通じないわけです。

だから、こうなってしま
った以上しょうがないと考えて、

与えられた条件のなかで自分が何
ができるかを必死になって考える。

 
...
たとえそれが不利な状況でも、新たな条件が加わったので、

「さぁ
、ここから何ができるかな」というのが合気道のマインドです。

 これって社会人としても高い能力なんですよね。

 職場に嫌な上司がいたり、部下が極端に少なくても、グジグジ考えずに、

その状況のなかでいかにうまくやるかと、頭の切り替えが上
手くできる。

 与えられた環境でベストを尽くすということです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://hanaemiko.jugem.jp/trackback/78

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

フェスブックページ

ブログ村ってなに?

にほんブログ村のランキングに参加しています。 クリックして頂けるとポイントが加算されランキングが上がります。 そうすると、注目度があがりこちらのブログに興味を持ってくださる方が増えるのです^^ もし、よろしければポチっとクリックをお願い致します にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ
にほんブログ村

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM